お知らせ

2011年10月29日

2011:10:29:14:33:3110月29日 道の駅湯西川 周辺の紅葉情報

DSC01373.jpgDSC01374.jpg上は湯西川方面を、右は道の駅湯西川の対岸を撮影したものです。
朝晩の寒さが一段と厳しくなり、山々の木々も彩鮮やかになってまいりました。
水陸両用バスの乗客も防寒着を着用しての乗車となっています。
当駅から見た湯西川方面の山頂部分はすでに木の葉が散ったように見えます。
五十里湖対岸はまだ早いと思うが、ところどころに赤い物が見えはじめましたので、それなりに楽しめると思います。
また、駐車場のもみじは例年の通り頑固で、なかなか色づいてはくれません。このもみじは色づくと大変美しくなりますので、楽しみにお待ちください。

澄んだ空気と自然を満喫し、天然温泉で疲れた体をリフレッシュ!!
紅葉見物はぜひ湯西川へ

2011年10月22日

2011:10:22:09:34:2910月22日 道の駅湯西川 周辺の紅葉情報

DSC01370.jpg上の写真は道の駅湯西川から湯西川方面の山を撮影したものです。
小雨に煙る状況で山々の紅葉がよく見えませんがようやく色付き始めた感があります。
朝晩の冷え込みが段々厳しく、暖房器具が活躍し始める時期となり、山々の木々が色づき、山の幸・里の幸も賑わいを始めました。
道の駅湯西川の駐車場のもみじもようやく色づき、これから秋本番を迎えようとしておりますが、この周辺では、まだまだ紅葉本番までには、少し時間がかかるようです。

澄んだ空気と自然を満喫し、天然温泉で疲れた体をリフレッシュ!!
紅葉見物はぜひ湯西川へ

2011年10月15日

2011:10:15:11:59:1110月15日 道の駅湯西川 周辺の紅葉情報

DSC01368.jpg10月14日の下野新聞1面に瀬戸合峡の紅葉情報が間もなく見ごろを迎えると掲載されましたが、
ここ道の駅湯西川周辺では、やっとこ色づき始めたところです。
また、湯西川温泉への街道でもまだまだ先のようです。国道121号線沿えの五十里湖畔でも少し色づきました。
朝夕の冷え込みが厳しくなると紅葉もあっという間に進むことがあります。これからぐぅぅんと冷え込みが厳しくなりますので、皆様も風邪などお召しになりませんよう十分お気を付けください。

澄んだ空気と自然を満喫し、天然の温泉で疲れた体をリフレッシュ!!
紅葉見物はぜひ湯西川へ

2011年10月 8日

2011:10:08:09:17:29紅葉シーズンが始まります。

DSC01360.jpgDSC01358.jpg今年もいよいよ紅葉シーズンが始まります。
今日から紅葉情報を概ね1週間ごとにお知らせしていきたいと思います。
道の駅湯西川周辺では見ごろはまだまだですが、奥鬼怒温泉郷ではまもなく山頂が見ごろを迎えます。
また、瀬戸合峡とわたらしゃい吊り橋でも色づきが始まっていませんので、もうしばらくかかると思います。
どうぞ、これからの紅葉情報をお楽しみにしてください。
上は道の駅から湯西川方面を・右は瀬戸合峡の今日現在の映像です。

澄んだ空気と自然を満喫し、天然温泉で疲れた体をリフレッシュ!!
紅葉見物はぜひ湯西川へ

2011年8月 8日

2011:08:08:09:56:28カッパの絵人気投票上位9点を展示しました

DSC01300.JPG昨年12月から今年2月まで実施したカッパの絵人気投票の上位9点を
インホメーションホールおよびレストランに展示しました。
本年度早々に展示する予定でしたが、諸々の事情により遅れてしまいました。
投票された方々や展示を期待された方々には大変申し訳ありませんでした。
まだまだ多数の絵が残っておりますので、折を見て順次公開していきたいと思います。

2011年7月24日

2011:07:24:13:14:35開業5周年記念感謝祭

kinngyosukuikazoku2011.jpg2006年(平成18年)8月に開業して、はや5周年を迎えようとしています。
これまで皆様方にご利用いただきまして誠にありがとうございました。shateki2011.jpg
5周年を記念して皆様方にほんの少し感謝の気持ちを表したく、次のとおり感謝祭を開催いたします。
どうぞ、ご来駅いただきますようご案内いたします。

日時   平成23年8月6日(土) 午前10時から
場所   道の駅湯西川 特設会場

【5歳児(平成18年生まれ)大集合家族であそぼう】と題して
   ◎射的大会
   ◎スーパーボールすくい大会
   ◎牛さんのバルーンアート        を実施します。
 ご家族みんなで大会に参加しましょう

また、お買上げ1,000円ごとに抽選券をプレゼントします。
   特賞  湯西川温泉ペア宿泊券  1名様
   特賞  水陸両用バス乗車券(大人2名、小人2名)  2名様
   その他多数あります。 ハズレはありません

 

2011年7月15日

2011:07:15:12:01:43ニッコウキスゲが咲きました

DSC01267.jpg道の駅湯西川の駐車場にあるニッコウキスゲが咲きました。
ちょうど見ごろを迎えたところです。
今後徐々に増やしていきたいと思います。
この花にはアブラムシがたくさん付きますが、、駆除をしっかりやったので今はきれいになっています。

2011年5月27日

2011:05:27:09:33:22目に若葉(青葉)山ホトトギス・・・・

DSC01191.jpg道の駅湯西川周辺の山々は、全山新緑に包まれ今が一番すがすがしい季節となりました。小鳥のさえずりとさわやかな風が通り過ぎ、ツバメが軒下でこんにちはとピーチクピーチク鳴いています。山では山菜が盛りを迎え、店頭にもちらほら出始めました。

2011年5月 9日

2011:05:09:16:17:32鹿くんがおはよう

DSC01182.jpg出勤途中に鹿がおはようと待っていてくれました。4,5mのところで数分止まって観ていましたが、逃げようとせずに、じっとしていました。通常は車などが止まると逃げ出すのが本当だが、友達でも待っているかのようです。最初は、周りに同化して気が付かなかったのですが、通り過ぎてから気が付いて戻ってきてもこのように写真が撮れる状況でした。この鹿は角がまだ分れていないので若鹿だと思われますが、もう体は大きく立派な鹿です。鹿が立ち去る前に通過したので、この後の様子はわかりません。

 

2011年5月 3日

2011:05:03:11:07:05山々が元気になりつつあります

DSC01174.jpgDSC01171.jpg道の駅湯西川の周辺の山々の若芽が萌え、五十里湖畔や布坂山(通称腹切山※)の桜が見ごろを迎え、やまが元気になりつつあります。4月27日からは、水陸両用バスも運行が開始となり、ようやく春(三春とも四春とも)がやってまいりました。元気になりつつあるやまにぜひお出かけください。

腹切山とは、1,683年日光大地震によって葛老山の一部が崩壊し、男鹿川をせき止めて、周囲30余キロメートルの湖ができました。当時、会津藩では、湖の決壊による洪水をおそれ、五十里関所の支配頭、高木六左衛門に掘割の工事を命じ、湖水の切り落としを図りました。しかし、工事は厚い岩盤にはばまれて難航し、完成を見なかった。そのため、高木六左衛門は、責任を取って、布坂山で割腹、自害したと伝えられているところから、この布坂山を腹切山と呼ばれている。40年後の1,723年8月、ついにこの湖は決壊し、下流に甚大な被害を及ぼしました。これが歴史に有名な五十里洪水です。右上のは、高木六左衛門の墓といわれております。

«  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  14  |  15  |  16  | All pages »

道の駅湯西川

道の駅湯西川〒321-2603 日光市西川478-1
(野岩鉄道湯西川温泉駅となり)
TEL 0288-78-1222 FAX 0288-78-1221
※駐車場・トイレ・公衆電話は終日ご利用いただけます。
※公衆電話はバス停前の待合室内にございます。

<__trans phrase="run-periodic-tasks script is running...">